横浜開港祭2022 18区同時打上げ花火

イベント

2022年6月2日(木)に、横浜の開港記念日を祝う「横浜開港祭」を開催します。

横浜開港祭は、1981年に「国際デープレ横浜どんたく」として開催されたのが始まりで、翌1982年に「国際デー第1回横浜どんたく」として正式に始まりました。

 

1984年の第3回より「横浜どんたく」となり、1993年の第12回より「横浜どんたく開港祭」、1995年より「横浜開港祭」となり、2019年度第38回を迎えるに至りました。

 

横浜開港祭は、例年、港に感謝し、市民と共に横浜の開港記念日である6月2日を祝い、賑わいのある様々な催しを実施し、まちづくりと観光の活性化を図るために開催される「市民祭」です。

第41回横浜開港祭

昨今の新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、賑わいの創出が激減している横浜市全域へ
①「医療従事者に対しての感謝の想い」
②「コロナ収束願った疫病退散の想い」
③「横浜市の賑わいの創出への想い」
の3つの想いと
「~優しさつくる 新たな挑戦~」のサブテーマの意味を兼ね備えたメッセージとして、横浜市18区全ての地区で花火を打上ます。

日時

2022年6月2日(木)
19:53~19:55(予定。約2分間)

場所

シークレット